スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めーちゃん地獄からの復活か?(めーちゃんの入院日誌)



前回、めーるちゃんに沢山の方々から、温かい応援メッセージ、

励ましのお言葉を頂き、有難うございましたm(_ _*)

今回はめるちゃんの衰弱が激しく、入院しての治療をしましたが、

点滴等の治療をして手術しても20~30%と言う成功率だと宣告され、

目の前が真っ暗になりました・・・・

私もこれ以上痛い思いをして、最後まで苦しんで亡くなってしまうのなら、

手術しないで延命しない方がいいのではなど、正直思ったりして、

手術をして助からないとしても、私の腕の中で最期を迎えてあげたいと

思い、思いきって手術をお願いしたのだワン

科学的な血液検査のデーター結果は悪く、

黄疸、血小板の異常な低下、肝臓機能の低下、

すべての数値が、お先真っ暗状態になった時、

本人の生きる力を信じてあげようと心を決めて、

D病院から、F病院へと転院して先生に見て頂きました。

データー数値は入院した時より少しだけ良くなっていましたが、

貧血がひどく、血小板低下している為、

お家に帰ってきてすぐだけど、輸血をした方が良いのでこれから

めるちゃんを可哀相だけど、入院させて下さいと言われ、

言葉を理解できるめるちゃんはとっても悲しそうに泣いていたのだワン

私もずっと一緒にいると悲しくなるので、先生にお預けしてお家へ帰ったのだわん

今回はとっても、的確な判断をして下さる先生が自宅から、

一分位の距離にあるので、もしもの時は安心なのだワン

明日、もう一度会いに来て下さいとのことなので、

手術前に見てあげて下さいと言われ、

次の日めるちゃんに会いに行くと、とっても痩せて小さくなった身体を

私に見せながら、尻尾をフリフリさせるめるちゃんだったのだワン

先生は昨日から輸血しているので、数値も上がってますから

大丈夫ですとお優しいお言葉をかけて下さり、

めるちゃんに頑張ってねと声をかけ、

もしかしてめるちゃんの最後のお顔になるかも・・・と思いながら

病院を後にしたのだワン・・・

手術の時間は私にとってドキドキで何も手に付かず、

携帯を放す事が出来ない位、

とっても長ーいお時間だったのだワン

先生とのお約束のお時間になり、ドキドキしながら病院に

向かうめるままに、ドキドキの結果が・・・・・










扉を開けて診察室に入ると奥の部屋のゲージの中に

めるちゃんの姿が見えてのだワン

ゲージの中から点滴をしながらですが、体いっぱい尻尾を振って答える姿に

思わず胸が熱くなっためるままだったのだワン

生きていてくれたんだね・・・・

一生懸命手術や、治療を頑張ったんだね・・・・って

もちろん獣医の先生にも、ありがとうございますと

挨拶をしたのだワン

めるちゃんの手術の結果など、詳しい詳細の説明を受け、

思った以上に元気でしょって先生も笑顔で言われて、

とっても嬉しい気持ちになったのだワン

子宮蓄濃症は外科的手術の方法しか、完治が出来ない病気・・・


暫く、急変がなければ点滴治療をするので

入院になりますとの事だったのだワン

それから毎日、F病院に面会に向かうめるままだったのだワン

m(A)_20090920211558.jpg
まだ、黄疸があるけどしっかりアピールしている様子なのだワン!(^^)!
パピーの頃を思い出すハナデカドックスみたいなのだわん(^.^)/~~~


毎日、診察台で面会するとめるちゃんは思いっきり尻尾を振って全身で答える姿は

とっても嬉しい気持ちと小さくなった身体を見ながらパピーの頃を思いだしたのだワン

今回の病気で一週間の入院治療を受け、沢山の方々の優しい気持ちに支えられ、

めるちゃんはめでたく、退院する事が出来ました。

沢山の方々からの、心温まるお言葉や、励ましのメッセージがとてもありがたく、

神様がもう少しだけめるちゃんとのお時間を作ってくださったのだと思い心からの

感謝の気持ちでいっぱいです・・・

m(B)_20090920211930.jpg
昨日より、大分しっかりしている感じがするのだワン^^*
尻尾をフリフリさせながら、しっかり全身でアピールするのだワン♪
皆さん、優しい気持ちをありがとうなのだワン(^-^)



これから、心臓にも雑音があるので治療をしていかなければなりませんが、

一つ一つをしっかり受け止めていければなと思っております。

今回沢山の方々が、めるちゃんの為にご協力下さり、

いろいろな獣医の先生のご意見、治療法など伺えて、

遠回りしましたが、いい勉強になりました。

人間も病気にかかったら、いろいろな先生に診断してもらい

自分で選ぶのが一番ですもの…

ワンも色々な先生に診断してもらって色々なご意見が聞けた事、

一つの命を助ける為に、協力して頂いた事、心より感謝申し上げます。

w(A).jpg
ぽーちゃんのお薬師さまへのお参り効果あったみたいなのだワン!(^^)!
ぽぽちゃんも毎日、めるちゃんの為に、お参り任務していたのだワン(*^^)v


めるちゃんが病気になってから、ぽぽちゃんもめるちゃんに

優しくハウスを貸したり、めるちゃんがご飯を食べれなくても、

自分の物を食べるとお利口にしていたりしたので、

体調が悪いめるちゃんを労わる感じがあって

勝気なぽぽちゃんも大人になった感じがしたのだワン!(^^)!



↑       ↑
たくさんのお優しいお気持ちに感謝なのだワン



















スポンサーサイト

ぽーちゃんがたしゅけるでしゅ☆



今日は、ぽーちゃんの4歳のお誕生日なのだワン!(^^)!

でもだーい好きな、めーちゃんの為に、

めるちゃんが病気になってからご近所の お薬師さまに

お参りにめるままと毎日行っていたのだワン

本当は眼病の神様なので、効果はあるかはわかりませんが

または子育て薬師とも言われているそうです♪


W(D).jpg

まずは、公園でお散歩を満喫中のぽーちゃんなのだワン(*^^)v

毎日行っているので、積極的に道案内をしているぽーちゃんなのだワン

いつもの公園の中に入ると


W(G).jpg

児童館があるので、沢山子供たちが遊んでいたのだワン(^^♪

いつもはお時間帯が違うので、静かな感じなのだワン

W(F).jpg

ぽーちゃんは、公園を一周するとこんな風にベンチでお外を眺めているのだワン

いつもこんな感じでゆっくりのんびりお散歩しているのだワン

ゆっくり休憩タイム中(^O^)

W(B).jpg

休憩した所で、お隣のお薬師様にお参りに行くのだワン*´∀`*

お賽銭も忘れずにね


w(A).jpg

めりゅまましゃ~ん

ぽーちゃんがやりたいでしゅ

W(C).jpg

めるちゃんは、(お腹)子宮が悪いから、お地蔵さんのこの辺を

ゴシゴシしておくのだワン゜∀゜

一応、目の神様だけど効果ありかなぁー!(^^)!

※ご注意
多くの方は、目をゴシゴシされているのだワン\(゜ロ\)(/ロ゜)/






【お知らせ】

本当は、ぽぽちゃんの4歳のお誕生の日の記事を書こうと思いましたが、

めるちゃんが入院中の為、元気になったら一緒にと思っているのだワン

沢山の方々から、めるちゃんへの

お優しい言葉ありがとうございましたm(_ _*)m

めるちゃんのご報告は、次回ゆっくりしたいと思いますので、

もう少し、お待ちくださいます様、お願い致します(*人´-ω-)


                               


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑   ↑
いつもありがとうなのだワン(*人´-ω-)



緊急のお知らせなのだワン\(◎o◎)/!


「緊急のお知らせ」

める☆ぽぽのお友達わんこちゃんが、居なくなってしまいました(@_@;)

飼い主さんも探しておりますが、見つかっておりません(>_<)

ボーダーコリーのキャリーちゃん 3歳 ♀


5月半ば頃 愛知県安城市の 矢作川堤防辺りで 行方不明になりました


 キャリーちゃん

キャリーちゃんは 女の子で

  ●犬嫌いで ひとなつっこい
  ●小柄  16㎏~17㎏
  ●バイク・電車を見ると 追いかける
  ●首輪は していないかもしれないはるちゃんも その近辺など 日々探しておられますが 未だ 見つからない状態です



どなたかが救助していただいていたら・・と思います

皆様 転記の方 よろしくお願いいたします!

連絡先    yumaki410@yahoo.co.jp

詳細は こちらボーダーコリーらいむ ~DREAM~のらいむままさんのブログをご覧くださいませ。


どうか、一日も早く無事見つかります様、心より願っております。




大事件発生part2 ☆めるちゃん編☆


☆お知らせ☆
前回、更新した記事に皆様からの温かいご意見ありがとうございました。
とっても勇気が出て、前向きに考える事が出来ました。
少しでも、ご近所の方々とコミニュケーションをとりながら、お互いに理解出来る様に、
努力して行きたいと思っています。
なかなか、皆様の所にもお邪魔出来ずに大変申し訳ございません
これからも、温かく見守って頂ければありがたいのだワン(*^^)v


前回、めるちゃんの大事件発生の続きをお話しするのだワン(^-^)

実はめるちゃんに異変が起こっていたのだワン\(◎o◎)/!

ワンの中でも大人しいタイプのわんこなので、ちょっとした出来事で

ご飯が食べれなくなってしまうデリケートなめるちゃん

今回も引越しの影響で元気がなくなってしまったと思い、

様子を見ていましたが、その真相が明らかに・・・・・・

以前肛門のう炎になっているめるちゃんのおちりから、たくさんの

老廃物が流れてきてビックリ\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

8月中ごろから、ヒートになった時いつもより長く何となくおかしいなぁー

と思いなんだか、お腹が腫れているのではと疑っておりましたが・・・

その予想が現実の事になってしまったのだワン

いつもかかりつけのA獣医さんに相談したのだワン(^v^)

とっても信頼できる獣医さんでたった一人で手術して飼い主が立ち会いのもとで

ペットの病気の状態を説明してくれるスペシャルな先生なのだワン!(^^)!

いつでも何度でもわからない事は納得行くまで相談に乗ってくれるし、

難しい手術も他の病院からの手術依頼が多い先生なのだワン

ところが地方に引っ越しされる事になってしまったのだワン

引っ越してもいつでも困った事があったらいつでも連絡してきて

良いんだよって言ってくれる先生なのだワン
f1.jpg




何処から出ているのかわからないけど、A先生に連絡するめるままだったのだワン(・。・;

先生から、近くのB病院 C病院を紹介してまもらい、

B病院へめるちゃんと受診する事になったのだワン

B病院のB先生、めるちゃんを診断すると、子宮蓄膿症と診断され、

めるちゃんは開放型のタイプと病気の内容を説明されたのだワン(@_@;)

この病気は、手術で卵巣と子宮を摘出しないと、完治できない病気なのだワン(?_?)

しかし、先生腰を痛めていて手術は出来ないとの事で、

D病院を紹介されためるままだったのだワン(+o+)

一時間おきに、めるちゃんのおむつをかえるめるままは不安な気持ちをしながら、

一睡もできなかったのだワン

食欲がなくなりご飯も柔らかくしてあげてお口の中に入れてあげないと食べれない

めるちゃん、病気のせいでとっても元気がなくなってきている感じなのだワン

次の日、D動物病院へめるちゃんと出かかけためるままは、

病院が沢山の患者さんで込んでいて、

ドキドキしながら待合室でまっていると、めるちゃんの順番がきたのだわん

めるちゃん検査の為、待っていると、院長先生、検査を担当してくれた先生がいて、

めるちゃんがとっても衰弱しているので、手術出来ないし、非常に危険な状態です。

今の状態で手術しても本人が持たないとの事、入院して治療をして手術しても、

助かる確率は20~30%ですと診断されてしまったのだワン(*_*;

とりあえず今すぐ治療しないと死んでしまうと言われて入院する事になっためるちゃん、

不安なまま、2日の入院が続いたのだワン・・・・・

A先生にも電話で連絡しためるままは、A先生にも相談、お友達にも相談し、

めるままのご近所の他の病院にもめるちゃんの状態を連絡し、

めるちゃんの一番の方法を、考える事にしたのだワン

f2.jpg


二日後の入院の日に、D動物病院から、連絡が入り不安な気持ちのまま、

診察室に入るめるままだったのだワン

2日の点滴、治療で少し改善してきた状態になってきたので、

院長先生が今日の3時からオペをする予定出るとの事・・・

心臓に雑音もあるし、弱っているので部分麻酔をして手術をするとの事、

でも助かる確率は20~30%はかわらないとの事でした・・・・

D病院の先生に一時間程、時間を貰いA先生に連絡相談する事にしたのだワン

A先生は手術はリスクがあるから、一番信頼でき、納得した先生にやって貰うのが

一番だから紹介した先生じゃなくても良いんだよ・・・・とアドバイスされ、

一番ご近所の、F病院の先生にご相談してとっても親切に説明して頂いたので、

F動物病院の先生にする事にしたのだワン

早速、F動物病院に連絡をしてD病院でのめるちゃんの状況を伝えて、

受け入れてくれるとの事、D先生ともお知り合いなので名前を出しても大丈夫だよ

って言って下さったので、D病院の先生とご相談して、F病院にカルテなど詳細を頂いて、

F病院にめるちゃんを連れていく事に決めたのだワン

F病院に決めた理由は、お会いしてとっても信頼でき迅速な対応が出来る先生であって、

分かりやすく状態を説明して下さり、同じ目線で相談出来た事と、

自宅から1分位の距離にあり、何かあったらすぐ駆け付けられる事が

決めたポイントになったのだワン

早速、病院から退院しためるちゃんをF先生に見て頂くと、貧血がひどいので、

手術する一日前に輸血するととの事なので、せっかく帰ったのに、

可哀相だけど入院となりますと言われ、言葉の理解できるめるちゃんは、

とってもさみしい声で泣いていたのワン

とっても長くなってしまいましたが、本日、めるちゃんの手術が行われます

何とか、手術が無事終わって、めるままの元に帰って欲しいと願うめるままなのだワン・・・






f3.jpg
ぽーちゃんも応援しているのワン









最後まで読んで頂き、ありがとうなのだワン
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村














テーマ : キャバリア
ジャンル : ペット

「大事件発生part1」の巻\(゜ロ\)(/ロ゜)/


皆さんになかなかお知らせできなかった事があるのだワン(*^^)v

以前、住んでいた○○区にペット可能物件が見つかったので、

める☆ぽぽと引っ越しをしたのだワン

今度は賃貸物件の一戸建のお家になったのだワン(^^♪

マンションしか住んだ事のないめるままは、階段を上ったりするのが、

とっても苦手な、ダメダメ飼い主なのだワン\(゜ロ\)(/ロ゜)/

以前と同じ位の広さがあるけど、メゾネットだと何かと大変(@_@;)

める☆ぽぽは階段が!危ないので、1階リビングを使ってもらう事に

したのだワン

今まで、ワンと寝んこしていためるままはとっても淋しい気持ちになっちゃったのだワン(?_?)

そして、引越し先でも予想のしなかった事件がおこったのだワン

それは・・・・

予想外の展開で、何日も眠れない程の、


思いもよらない事件につながっていったのだワン\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

m(i).jpg

それは、きっと日常生活の中で必ず起こるモラルの問題だったのだワン(@_@;)

引っ越ししてすぐに、ご近所の方にご挨拶に伺った事から、始まりました・・・・・

ペット可能な一戸建て賃貸物件でしたが、ご近所にご迷惑をかけない様に、

気を付けていたのですが、ご近所の方にワンをとても苦手な方が住んでいて、

玄関のインターホンを鳴らすと、ぽぽちゃんが1・2度位ですが反応してしまった

事があり、すぐ気が付きほとんど吠えないタイプのワンではありますが・・・・

ワンは都会では飼って頂きたくないので、始末して欲しいとの事でした(?_?)

あまり衝撃的すぎて、正直涙が止まりませんでした・・・・

m(h).jpg
問題の犯人A 重要参考人にて取り調べ中なのだワン
画像とはあまり関係ございませんので、ご了承くださいませ(@_@;)



私は、ワンも一つの大切な命と考え暫く、悩み、

眠れない日を送っていたのだワン

その方の敷地内に、よそのワンちゃんがいつもしっこをするので、

とても迷惑しているとの事でした(T_T)

いつまでも、くよくよしてはダメと考え、

そこで住んでいる皆さんが快適に過ごせるように、

発想の転換をしてみる事にしたのだワン!(^^)!

今まで一度も、トラブルなどなかっためるままは、

める☆ぽぽとにワンが苦手な人が住んでいる事を

教えて、トレーニングする事にしたのだワン


A(B)
こんなお顔しているぽぽちゃんですが、おいちいおやつの為には、
とっても一途な一面も持っているのだワン(*^_^*)


インターホンに反応するぽぽちゃんに、お口を押さえてワンはいけませんと

トレーニングしたり、インターホンを押さない様にお知らせをしたり、

郵便や、宅急便の方には、ワンを飼っている為、ご近所の方にご迷惑になりますので、

ご協力をお願いしたりしていた毎日だったのだワン(・。・;

ぽぽちゃんのトレーニングの成果は、ぽぽちゃんはほとんどワンは言わない様に

なったので、ほっとしためるままだったのだワン(^v^)

引っ越して先に、ワンが苦手な方がいるのを知っておくだけでも

良い勉強になったと、考えれる様になった感じなのだワン(*^^)v

感じ方や、モラルもすべて違っているから、以前より周りに気をつける様になったかな・・・

そんな時もつかの間、めるちゃんに大事件が発生したのだワン\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今回は、ブログが長くなりましたので、

「めるちゃん大事件PartⅡ」は、次回ご報告を致します・・・

衝撃の事実に、めるままも反省、思わず涙しちゃいます

・・・・続きは次回お楽しみに・・・・





☆お詫び☆
この事を記事にする事は、正直大変、悩みました(+o+)
人はそれぞれ、感じ方や、とらえ方など違っていて当たり前の出来事なので、
ほんのちょっと感じ方が違っただけの出来事に過ぎません・・・・
決して、ワンが嫌いな方に対して、同じ一人の人間として、どのように対応していけば、
良いのか、考えさせられた出来事が、身近に起こったに過ぎません・・・
める☆ぽぽと出来るだけ、穏やかに過ごしたい飼い主ひとりごとと、
考えて頂ければ、幸いです<(_ _)>
ご近所の方に、ワンが嫌いだという事を知らせて頂き、私達、動物を飼っている飼い主も、
周りに注意する事が、以前より出来ていくのではと考えています・・・
める☆ぽぽが気性が荒く、ずっと泣き続けているわけではございませんが、ワンがいるだけで、
不愉快になってしまう方もいると言う事を、しっかり心に受け止めて、今後のステップ・アップに
つなげていきたいと思います。
お時間はかかると思いますが、少しずつ前進できれば、お互いに快適に過ごす事が
出来る事を願っております。
また、ブログの内容と画像は、あまり関係ございませんので、
ご了承くださいます様お願い致します。
きっと、信じていればいい事もたーくさんあるはず・・・^^*





最後まで読んで頂き、ありがとうなのだワン
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村






お誕生日★



*~*~H.F.Members.Card*~*~

プロフィール

めるまま☆

Author:めるまま☆
キャバリア、める☆ぽぽ中心のロハスな生活をしている、飼い主。
ブレンちゃんのめるちゃん6歳とトライちゃんのぽぽちゃん3歳と
のんびりした生活を送っているのだワン…(*^_^*)








最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

公式サイトのリンクだわん★



↑↓ポチッっとヨロシクわん!!(>ワ<*)oヾ↓↑ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

↓ワンコを大切にするわん!!(ノд;)グスン↓



検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。